新規登録
ビジネスガイド募集中
人気ページランキング
  • 今週
  • 今月
  • 殿堂
  • ミャンマー税制の現状 Vol. 4

  • カンボジア独自の煩雑な税務をサポート Vol.10

  • 農業事業に物流,金融,ITを複合させた「カンボジア版日本型農協」事業展開カンボジアの旗

  • カンボジア独自の
    煩雑な税務をサポートカンボジアの旗ミャンマーの旗

  • カンボジア独自の煩雑な税務をサポート Vol.2

  • カンボジア進出企業の成功事例を増やすことを使命に Vol.7

  • カンボジア進出企業の成功事例を増やすことを使命にカンボジアの旗

  • カンボジア進出企業の成功事例を増やすことを使命にカンボジアの旗

  • ミャンマー税制の現状 Vol. 4

  • カンボジア進出企業の成功事例を増やすことを使命に Vol.1

  • カンボジア独自の
    煩雑な税務をサポートカンボジアの旗ミャンマーの旗

  • カンボジア内に4拠点
    カンボジア人の海外旅行促進と
    自由な旅のスタイルを提供カンボジアの旗

  • 複数の日本人医師専門医による
    総合診療クリニックカンボジアの旗

  • タイプラスワンにおいて幅広くリーガルサービスを提供カンボジアの旗

  • カンボジア進出企業の成功事例を増やすことを使命にカンボジアの旗

JETRO
HOPEWILL
シャンハイリーダーズ
香港リーダーズ

辻・本郷 税理士法人 のガイド

2016.08.30
  • 【番外編】
  • 非居住者の消費税免税について

ビジネスガイド 坂本 征大

C.L.M.LEADERSバナー (1)

 

unnamed (6)

 

 

8月はお盆の時期と言うこともあり、日本に一時帰国されている方も多いかと思います。今回は番外編ということで、日本の税金(非居住者の消費税免税)についてお話させて頂きます。

 

皆さんは海外旅行の旅先で買い物をし、VATの免税を受けたことがあるかと思います。それと同様に海外に駐在する日本人も日本に出張または休暇のために一時帰国した際に消費税の免税を受けることが可能になります。

 

消費税の免税を受けられるのは非居住者となっており、その定義は下記の通りです。

・外国にある事務所に勤務する目的で出国し、外国に滞在する者

・2年以上海外に滞在する目的で出国し、外国に滞在する者

・上記二点に該当する他、出国後、外国に2年以上滞在するに至った者

・以上に掲げる者で、事務連絡又は休暇等で一時帰国し、その滞在期間が6ヶ月に満たない者

 

また本年5月より最低購入金額が引き下げられ、5,000円以上の一般物品、消耗品が対象となるようになりました

但し、全ての店舗で免税となるわけではなく、あくまで免税店(※)で購入した商品が対象となります。

※免税店とは消費税法で定める(輸入物品販売所)になり,管轄の税務署に許可を得た店舗になります。

 

デパートですと専用の窓口があり、一度税込みで支払した後、還付処理を行って頂け、家電量販店等の小売店はレジで免税処理をして精算頂けるかと思います。

皆さんも一時帰国の際はより安くお買い物を楽しめるかもしれません。

 

詳細の問い合わせなどありましたら、何なりとお問い合わせください。

logo (2)

 

 

 

 

ガイドの過去の記事も読む