新規登録
ビジネスガイド募集中
人気ページランキング
  • 今週
  • 今月
  • 殿堂
  • ミャンマー税制の現状 Vol. 7

  • ミャンマー税制の現状 Vol. 11

  • カンボジア独自の煩雑な税務をサポート Vol.2

  • ミャンマー税制の現状 Vol. 4

  • 農業事業に物流,金融,ITを複合させた「カンボジア版日本型農協」事業展開カンボジアの旗

  • ミャンマー税制の現状 Vol. 7

  • ミャンマー税制の現状 Vol. 11

  • カンボジア進出企業の成功事例を増やすことを使命に Vol.10

  • ミャンマー税制の現状 Vol. 2

  • アセアン諸国で培ったノウハウをカンボジアでも展開『人材派遣・人材紹介』カンボジアの旗

  • カンボジア独自の
    煩雑な税務をサポートカンボジアの旗ミャンマーの旗

  • カンボジア内に4拠点
    カンボジア人の海外旅行促進と
    自由な旅のスタイルを提供カンボジアの旗

  • カンボジア進出企業の成功事例を増やすことを使命にカンボジアの旗

  • カンボジア独自の煩雑な税務をサポート Vol.2

  • カンボジア進出企業の成功事例を増やすことを使命にカンボジアの旗

JETRO
HOPEWILL
シャンハイリーダーズ
香港リーダーズ

JCグループ のガイド

2015.08.05
  • 農業事業に物流,金融,ITを複合させた「カンボジア版日本型農協」事業展開 Vol.2
  • コメ不作と周辺諸国のコメ輸出価格の引下げ

ビジネスガイド  髙 虎男(Ko Honam)

C.L.M.LEADERSバナー (1)

 

unnamed (6)

 

「ライス・ポリシー」と銘打った国策を掲げコメ輸出拡大に注力するカンボジア。だが本年も終盤を迎えつつある現段階において、コメ輸出は依然伸び悩んでいる。

本年2015年9月までの9ヶ月間のカンボジア産コメの輸出量は36.9万トンと、昨年同期比37%増の増加となった。 その64%はEU向けの輸出、21%は中国向けとなっている。

昨年に比べ大きく拡大はしているものの、「ライス・ポリシー」が当初掲げていた「2015年度100万トン」に届くには厳しい実績となっているのが現状である。

 

また本年9月の輸出量は前年同月比31.7%の急減となった。 主な理由はカンボジア国内のコメ不作と周辺諸国のコメ輸出価格の引き下げのダブルパンチにある。

 

カンボジアは本年雨期の雨不足に悩み、稲作開始が例年より大きく遅れた事により9月のコメ供給量が大きく減少。 2012年9月にインドネシア・バリ島で開催された、約40カ国のコメ輸出国から精米・輸出業が集まる「世界コメ品評会」において最高賞に輝いたカンボジア産高級ジャスミン米も、雨不足による品薄感を理由に値段がUSD750/トン(2015年初頭)からUSD880/トンと大きく跳ね上がっている。

 

一方、周辺諸国のコメ輸出価格はむしろ下落傾向にある。 タイのジャスミン米の輸出価格はここ数ヶ月で約20%の引き下げとなるUSD800/トン、ミャンマーの割れ米は約5%引き下げのUSD420/トンと、カンボジアのコメ価格に比べかなり安価となっている。

 

9月中旬以降、カンボジアではようやく雨期本番を感じさせる雨量となってきており、11月、12月のコメの収穫は品質・収量ともにほぼ例年通りの結果が見込まれている。 が、雨期前半の雨不足がどの程度の影響を与えるかはいまだ不明瞭となっており、結果的にある程度の品質・収量が確保できたとしても、周辺コメ輸出国に対する競争力を価格・品質両面で維持するのは現実的には困難との見方も強い。

 

カンボジアは依然、その主力農業生産品であるコメの輸出を、縫製品に代わる国の戦略的輸出商品として育て、外貨獲得の大きな柱としたい意向を維持している。

「ライス・ポリシー」が掲げる本年2015年の目標達成(コメ輸出100万トン)の実現は現実的には不可能だとしても、国内生産の品質・収量安定化と周辺競合国に対する競争力発揮のための施策を何らか提示していく事が現政権の重要ミッションの一つである事は変わらない。 カンボジア政府によるコメ輸出拡大に向けた新たな一手が強く期待されている。

—–
髙 虎男(Ko Honam)
JCGroup President CEO
Website  : http://www.jcgroup.asia/

Facebook : http://www.facebook.com/JCGroup.asia

ブログ:「カンボジア”万(よろづ)”情報局」
カンボジア最新ビジネス情報〜生活情報まで幅広く発信
http://yoroz-cambodia.jcgroup.asia/

ガイドの過去の記事も読む