新規登録
ビジネスガイド募集中
人気ページランキング
  • 今週
  • 今月
  • 殿堂
  • ミャンマー税制の現状 Vol. 7

  • ミャンマー税制の現状 Vol. 11

  • カンボジア独自の煩雑な税務をサポート Vol.2

  • ミャンマー税制の現状 Vol. 4

  • 農業事業に物流,金融,ITを複合させた「カンボジア版日本型農協」事業展開カンボジアの旗

  • ミャンマー税制の現状 Vol. 7

  • ミャンマー税制の現状 Vol. 11

  • カンボジア進出企業の成功事例を増やすことを使命に Vol.10

  • ミャンマー税制の現状 Vol. 2

  • アセアン諸国で培ったノウハウをカンボジアでも展開『人材派遣・人材紹介』カンボジアの旗

  • カンボジア独自の
    煩雑な税務をサポートカンボジアの旗ミャンマーの旗

  • カンボジア内に4拠点
    カンボジア人の海外旅行促進と
    自由な旅のスタイルを提供カンボジアの旗

  • カンボジア進出企業の成功事例を増やすことを使命にカンボジアの旗

  • カンボジア独自の煩雑な税務をサポート Vol.2

  • カンボジア進出企業の成功事例を増やすことを使命にカンボジアの旗

JETRO
HOPEWILL
シャンハイリーダーズ
香港リーダーズ

JCグループ のガイド

2016.08.08
  • 農業事業に物流,金融,ITを複合させた「カンボジア版日本型農協」事業展開 Vol.8
  • 長引くコメ価格低迷,カンボジア農業産業を合従連衡へ

ビジネスガイド  髙 虎男(Ko Honam)

C.L.M.LEADERSバナー (1)

 

unnamed (6)

 

カンボジア主要産業の一つである農業、その中でも国家戦略として産業振興に注力を図るコメ産業について、その見通しに厳しい見方が相次いでいます。

 

ミャンマーが今後3年間でコメ輸出3倍増を目指すなど、コメ輸出国は引き続きコメ増産を図る中、カンボジアのコメ産業のマーケティング戦略を研究するジム・プラモンドン氏は、コメ輸出国は引き続きコメ価格の下落傾向は世界的な食糧過剰を背景にする構造問題であり、カンボジア及びその周辺諸国の競争環境レベルの話ではないと警鐘を鳴らしています。

 

ジム氏いわく、カンボジアのみならずの世界の農業関連業者をコメに走らせた2008年のコメ価格急上昇は、あくまでの一時的な例外的現象であり、より長期的に眺めれば過去400年に渡りコメ価格は下落を続けていると主張します。

 

事実、2008年4月にトン当たり1,020米ドルを付けたコメ価格(タイ100%B級白米)が、昨年12月には354米ドルまで下落。 本年は少し盛り返してきてはいるものの、417米ドルとピーク時の半分以下にまで下落している状況は変わりません。

国連食糧農業機関(Food and Agriculture Organization of the United Nation,FAO)によると2016年の予想コメ貿易取引高は4,390万トンと、昨年に引き続き主要輸入国による需要減少による縮小傾向を予測しています。

 

世界的な食糧過剰を背景としたコメ価格下落のなか、引き続きコメ増産を続ける各コメ輸出国の戦略の向かう先について、各業界識者はコメ産業の崩壊が起こるわけではなく、コメ産業内における合従連衡を引き起こすと予測。 実際にそれは既に始まっていると指摘します。

 

カンボジアコメ協会(Cambodian Rice Federation, CRF)によると競争環境の激化により中小規模の精米事業者の廃業が昨年から目立ち始めていると言及。本年末には国内精米業者の半分は生き残れないのではないか、とのコメントも付け加えています。

投資会社Battambang Rice Investmentも同様の可能性に言及、2014年には15百万米ドル(約15億円)を精米事業者買収に注ぎ、その精米可能キャパシティは年間24,000トンにまで拡大しているとのこと。

 

コメ価格の世界的な下落がこのまま継続するとすれば、単独での生き残りが困難な農業関連業者が、大きな資本力を持つプレイヤーにより統合されていく合従連衡の流れが、カンボジアのコメ産業における中長期的なトレンドになりそうです。

 

 

 

logo (2)

 

—–
髙 虎男(Ko Honam)
JCGroup President CEO
Website : http://www.jcgroup.asia/

Facebook : http://www.facebook.com/JCGroup.asia

ブログ:「カンボジア”万(よろづ)”情報局」
カンボジア最新ビジネス情報〜生活情報まで幅広く発信
http://yoroz-cambodia.jcgroup.asia/

ガイドの過去の記事も読む