新規登録
ビジネスガイド募集中
人気ページランキング
  • 今週
  • 今月
  • 殿堂
  • ミャンマー税制の現状 Vol. 4

  • カンボジア独自の煩雑な税務をサポート Vol.10

  • 農業事業に物流,金融,ITを複合させた「カンボジア版日本型農協」事業展開カンボジアの旗

  • カンボジア独自の
    煩雑な税務をサポートカンボジアの旗ミャンマーの旗

  • カンボジア独自の煩雑な税務をサポート Vol.2

  • カンボジア進出企業の成功事例を増やすことを使命に Vol.7

  • カンボジア進出企業の成功事例を増やすことを使命にカンボジアの旗

  • カンボジア進出企業の成功事例を増やすことを使命にカンボジアの旗

  • ミャンマー税制の現状 Vol. 4

  • カンボジア進出企業の成功事例を増やすことを使命に Vol.1

  • カンボジア独自の
    煩雑な税務をサポートカンボジアの旗ミャンマーの旗

  • カンボジア内に4拠点
    カンボジア人の海外旅行促進と
    自由な旅のスタイルを提供カンボジアの旗

  • 複数の日本人医師専門医による
    総合診療クリニックカンボジアの旗

  • タイプラスワンにおいて幅広くリーガルサービスを提供カンボジアの旗

  • カンボジア進出企業の成功事例を増やすことを使命にカンボジアの旗

JETRO
HOPEWILL
シャンハイリーダーズ
香港リーダーズ

Tokyo Consulting Firm のガイド

2017.01.18
  • カンボジア進出企業の成功事例を増やすことを使命に Vol.9
  • 会計、監査基礎第一回

ビジネスガイド 熊谷 恵佑

皆様、こんにちは。東京コンサルティングファームの熊谷と申します。

私のパートの方では、カンボジアの会計、監査の状況について少しずつご説明させていただければと思います。

 

皆様は、会計といったらどのようなものを思い浮かべるでしょうか?

もしかしたらVATとかWHTとかTOSとかそういった会社が事業を行う上での税金のことを思い浮かべる方も多いかもしれません。しかしながら、厳密にいうと、会計と税務は別ものであります。「会計」というのは正確には「財務会計」というものを指します。一方で「税務」というものは「税務会計」というものを指します。

この「財務会計」「税務会計」というものは、目的が異なるのです。財務会計の場合は、会計は適正な会社の収益力を表示するためのものです。

 

一方で、税務会計の場合は、税金の金額を算出する元に過ぎません。

カンボジアにおいて、会社がそれほど大きな規模ではなく、監査を受ける義務もない会社である場合、会計が、適正な収益力を表示するという目的は強制的に必要になるという状況ではありません。なぜなら、監査においてその適正な収益力の表示という観点でチェックを受けますが、現状のカンボジアの税務調査においては、適正な収益力の表示という観点でそれほど正確なチェックをする状況ではないからです。税務調査においては、税法に基づいて税金がとれるかどうかという点が大きな割合を占めており、会計が適正に表示されているか否かという観点では、彼らは無関心といえるでしょう。

したがって、カンボジアに進出する日本企業、個人事業主の多くは監査の対象外となっている現状と相まって、税務会計のみが注意の対象の大部分となるという状況が生み出されるのです。したがって、会計=税務のようなイメージを浮かべる方が多いといえます。

 

 ですが、これからのカンボジアの動向としては、監査が必要になる会社が増加する傾向が出てきています。したがって、会計=財務会計のほうの分野もこのままおろそかにできない状況となる可能性は高いといえます。また、会計=財務会計を学ぶことにより、会社の状況を正確に把握することが出来、会社に関する正確な意志決定ができるようになります。

 

私たちはこれらの理由により、会計=財務会計の知識を少しずつ学んでいくことをお勧めしています。弊社でも財務会計セミナーなど随時開催できますので、助けになれることがあればお気軽にご連絡ください。

 

 

 

税務基礎のトピックは澤柳氏が更新中。こちらも併せてご覧ください。

税務基礎第1回~4回

 

TCF Logo

 

 

東京コンサルティンググループ・カンボジアブログ

http://blog.goo.ne.jp/tcg-cambodia

毎週火曜日更新
カンボジアへの進出をコンサルティングしている駐在員が、

カンボジアの旬な情報をお届けします。

 

 

ガイドの過去の記事も読む
合わせて読みたい