新規登録
ビジネスガイド募集中
人気ページランキング
  • 今週
  • 今月
  • 殿堂
  • カンボジア内に4拠点
    カンボジア人の海外旅行促進と
    自由な旅のスタイルを提供カンボジアの旗

  • カンボジア進出企業の成功事例を増やすことを使命にカンボジアの旗

  • 複数の日本人医師専門医による総合診療クリニックVol.14

  • 東南アジア投資のラストリゾート カンボジア

  • 複数の日本人医師専門医による
    総合診療クリニックカンボジアの旗

  • カンボジア進出企業の成功事例を増やすことを使命に Vol.10

  • アセアン諸国で培ったノウハウをカンボジアでも展開『人材派遣・人材紹介』カンボジアの旗

  • ミャンマー税制の現状 Vol. 7

  • 複数の日本人医師専門医による
    総合診療クリニックカンボジアの旗

  • カンボジア進出企業の成功事例を増やすことを使命にカンボジアの旗

  • カンボジア独自の
    煩雑な税務をサポートカンボジアの旗ミャンマーの旗

  • カンボジア進出企業の成功事例を増やすことを使命にカンボジアの旗

  • カンボジア進出企業の成功事例を増やすことを使命にカンボジアの旗

  • カンボジア内に4拠点
    カンボジア人の海外旅行促進と
    自由な旅のスタイルを提供カンボジアの旗

  • カンボジア独自の煩雑な税務をサポート Vol.2

JETRO
HOPEWILL
シャンハイリーダーズ
香港リーダーズ

SBI Royal Securities のガイド

2015.12.31
  • カンボジア証券市場、プノンペン港湾公社が上場
  • カンボジア証券市場、上場銘柄が3社となる

ビジネスガイド 宗 英一郎

C.L.M.LEADERSバナー (1)

 

unnamed (6)

 

2015年12月9日(水)、カンボジア証券市場(CSX)に「プノンペン港湾公社(PPAP)」が上場を果たした。これによって、CSXの上場銘柄は、「プノンペン水道公社(PPWSA)」「グランドツイン・インターナショナル社(GTI)」を含め、2015年12月時点で3社となっている。

 

この度上場を果たしたPPAPは、カンボジアに2社ある港湾公社のひとつであり、プノンペン市内に位置するという特徴を有す。そして、メコン川を通じてベトナム・南シナ海に続くルート、陸路を通じシアヌークビル港やタイに至るルートを持つハブ港として、プノンペン域内の貨物輸送量増加を背景として、業績を大きく伸ばしている企業である。

 

今回の上場で調達した資金(USD5.2Mil)については、メコン川下流域のカンダール州に位置する主要港湾(LM17)に投資予定である。PPAPによれば、現状150TEUs(20フィートコンテナ1個分が1TEUを表す)に留まる年間貨物取扱量を、港湾の拡張・クレーンの追加導入等により、2017年までに230TEUsまで増加させる計画でおり、カンボジア経済の発展にあいまって、更なる業績の拡張が期待されている。

 

またPPAPの目論見書によると、配当政策として、上場後5年間に亘り、配当利回り5%を保証することが謳われている。預金レートなどと比較しても有利な条件となっており、実際に10月に実施されたブックビルディングでは公募株式数の1.4倍の申込があるなど、国内外の投資家からの人気が窺えた。上場来の株価推移についても、下表の通り、緩やかながらも上昇トレンドを現時点においては確認することができる。

 

SBI

 

 

尚、PPAPが上場したことによる取引インパクトとして、2015年12月の営業日あたり売買代金がUSD14.7Thdと前月対比+32.3%まで上昇したことが挙げられる。2016年には、プノンペン経済特区社、シアヌークビル港湾公社、台湾系縫製会社がCSXへの上場準備を進めている他、証券取引委員会、CSXは中堅・中小企業向けの新興市場の創設に注力しており、投資対象銘柄の裾野拡大ならびに資本市場の更なる活性化を大いに期待している。

 

 

 ▼SBI Royal Securities

住所:13A Floor, Phnom Penh Tower No. 445, Preah Monivong Blvd, Sangkat Boeung Prolit Khan 7Makara,Phnom Penh, Kingdom of Cambodia.

電話:+855 23 999 595

URL:http://www.sbiroyal.com/jp/

 

ガイドの過去の記事も読む