新規登録
コラムニスト募集中
JETRO
HOPEWILL
シャンハイリーダーズ
香港リーダーズ
人気ページランキング
  • 今週
  • 今月
  • 殿堂
  • ミャンマー税制の現状 Vol. 4

  • アセアン諸国で培ったノウハウをカンボジアでも展開『人材派遣・人材紹介』カンボジアの旗

  • ミャンマー税制の現状 Vol. 7

  • カンボジア進出企業の成功事例を増やすことを使命にカンボジアの旗

  • カンボジア進出企業の成功事例を増やすことを使命にカンボジアの旗

  • ミャンマー税制の現状 Vol. 7

  • ミャンマー税制の現状 Vol. 4

  • アセアン諸国で培ったノウハウをカンボジアでも展開『人材派遣・人材紹介』カンボジアの旗

  • カンボジア進出企業の成功事例を増やすことを使命に Vol.12

  • カンボジア独自の
    煩雑な税務をサポートカンボジアの旗ミャンマーの旗

  • カンボジア内に4拠点
    カンボジア人の海外旅行促進と
    自由な旅のスタイルを提供カンボジアの旗

  • タイプラスワンにおいて幅広くリーガルサービスを提供カンボジアの旗

  • 複数の日本人医師専門医による
    総合診療クリニックカンボジアの旗

  • カンボジア進出企業の成功事例を増やすことを使命にカンボジアの旗

米国、カンボジアの貿易額が$30億に達する 2017.04.04

2016年の米国とカンボジアの貿易額が約30億円に達した。その間、約24万人の米国観光客がカンボジアを訪れた。 外務省の代弁者であるChum Sounry氏は昨日、記者へ、マサチューセッツ州下院議員の民主党代表であるMon Rady氏とPrak Sokhonn外相の会談で昨年のカンボジアへの米国からの訪問者件数が増加したと話していたことを伝えた。さらに「両国の貿易額が約30億ドルに達した」と付け加えた。

 

Rady氏は特にカンボジアはセキュリティとインフラストラクチャーの点について顕著な進歩を遂げていると語った。

 

CDC(カンボジア開発評議会)によると、米国からカンボジアへの投資額は2015年の$750万から2016年の$1億2200万に増加した。

 

商業省の代弁者であるSoeng Sophary氏は近頃クメール・タイムズに対し、カンボジアの産業開発に関する政策によって米国からの投資額が増加していると話した。また、Sophary氏は投資家のための多くの支援を提供し、彼らとの信頼を構築したと話した。 彼女は「米国はプノンペンに米国商工会議所事務所を設け、2017年末にカンボジア国際ビジネスサミットを組織する」と話した。加えて「米国からの投資は対前年同期比から増加しており、投資はアセアン経済共同体の成長のために必要だと学んだため、投資は増加した。そのため米国だけでなく、他国からの投資もカンボジアの成長には必要だ。」と話した。 Sophary氏は両国間に投資条約を締結すれば、米国の投資家の自信に繋がるとも述べた。

 

カンボジア政府は「米国大統領選に関する不透明感やベトナムやミャンマーからの米国への輸出が増加しているため、カンボジアの対米輸出総額は2015年に比べ減少している」と語る。 米国貿易代表部の統計によると、カンボジアから米国への輸出総額は昨年、$28億を超え、2015年には$30億を上回った。しかし、輸出総額の増加率は7%減少した。

 

昨年7月、カンボジアは先進国向けのGSP(一般特恵関税制度)に基づき、米国に対する手荷物、バックパック、ハンドバック、財布などの旅行用品の輸出を免税とした。

 

米国のWilliam Heidt駐カンボジア大使館は「これは1995年にカンボジアと米国との二国間取引を開始して以来、20年ぶりの市場拡大となった。」と語る。 9月中旬に2日間、カンボジアに旅行商品工場を設立するために、投資家を誘致するための宣伝活動が香港で行われた。この宣伝活動はカンボジア商業省や衣料品製造業者協会、CDC、米国大使館の協力を得て開催された。

 

Hidt氏は香港から帰国後、記者会見で記者に「カンボジアのGSPに旅行商品製造業者は魅了されるだろう。さらに、中国本土の人件費高騰からカンボジアに興味を持つだろう。」と語った。続けて「中国のバックパックやスーツケースを製造する多くの会社は中国本土を離れる機会を探している。これから旅行商品製造に係る人件費高騰と併せて賃貸料も高騰するだろう。」と語った。

 

 

参照:KHMER TIMES

 

 

 

 

 

バナー

コラムニストの過去の記事も読む