新規登録
コラムニスト募集中
JETRO
HOPEWILL
シャンハイリーダーズ
香港リーダーズ
人気ページランキング
  • 今週
  • 今月
  • 殿堂
  • ミャンマー税制の現状 Vol. 4

  • カンボジア独自の煩雑な税務をサポート Vol.10

  • 農業事業に物流,金融,ITを複合させた「カンボジア版日本型農協」事業展開カンボジアの旗

  • カンボジア独自の
    煩雑な税務をサポートカンボジアの旗ミャンマーの旗

  • カンボジア独自の煩雑な税務をサポート Vol.2

  • カンボジア進出企業の成功事例を増やすことを使命に Vol.7

  • カンボジア進出企業の成功事例を増やすことを使命にカンボジアの旗

  • カンボジア進出企業の成功事例を増やすことを使命にカンボジアの旗

  • ミャンマー税制の現状 Vol. 4

  • カンボジア進出企業の成功事例を増やすことを使命に Vol.1

  • カンボジア独自の
    煩雑な税務をサポートカンボジアの旗ミャンマーの旗

  • カンボジア内に4拠点
    カンボジア人の海外旅行促進と
    自由な旅のスタイルを提供カンボジアの旗

  • 複数の日本人医師専門医による
    総合診療クリニックカンボジアの旗

  • タイプラスワンにおいて幅広くリーガルサービスを提供カンボジアの旗

  • カンボジア進出企業の成功事例を増やすことを使命にカンボジアの旗

カンボジアの開発パートナーからの融資額が58億ドルに 2017.04.20

カンボジア政府は開発パートナーに関する譲許的融資の契約に署名した。カンボジアは1993年から2016年の終わりまでに合計約83億ドルの融資されていると公式に発表されている。 この合計のうち、88.6%はインフラのための融資であり、残りは他の優先分野のために使われていることを経済財政省が先週、公的債務統計報告により公表した。 この報告によると政府は二国間ベースでは53億ドルを借りており、このうち、9億ドルが日本、1.24億ドルがフランス、35.9億ドルが中国となっている。他にはインドが$75百万ドル、韓国が$510百万ドル、マレーシアが7.85百万ドル、タイが86百万ドル、ベトナムが44.5百万ドルとなっている。

 

多国間開発パートナーでカンボジアは合計、30億ドル借りており、このうち、アジア開発銀行が20億ドル、世界銀行が794百万ドル、国際農業開発基金が87百万ドル、北欧開発基金が10.6百万ドル、国際開発OPEC基金が70百万ドル貸している。 公的債務統計報告では政府は開発パートナーから借りた58億ドルのうち、64%にあたる37億ドルは二国間ベースによるものだとしている。

 

経済財務大臣であるAun Pommonirath氏は報告から、「政府は公的債務を管理する4原則がある」と話した。続けて「融資の大きさと国家予算の状態と経済が噛み合わなければならない」、「融資は優先的な分野の持続的成長と経済の生産性向上に使う」としたことを話した。また、原則について「融資は優先的な分野の持続的成長と経済の生産性向上に使うとし、透明性、説明責任、効率、有用性が伴っていなければならない」と話した。

 

 

参照:KHMER TIMES

 

 

 

 

 

バナー

コラムニストの過去の記事も読む