新規登録
コラムニスト募集中
JETRO
HOPEWILL
シャンハイリーダーズ
香港リーダーズ
人気ページランキング
  • 今週
  • 今月
  • 殿堂
  • 「プノンペンの交通事情」

  • ミャンマー税制の現状 Vol. 4

  • ミャンマー税制の現状 Vol. 7

  • ミャンマー税制の現状 Vol. 8

  • カンボジア独自の煩雑な税務をサポート Vol.9

  • カンボジア独自の煩雑な税務をサポート Vol.2

  • ミャンマー税制の現状 Vol. 4

  • アセアン諸国で培ったノウハウをカンボジアでも展開『人材派遣・人材紹介』カンボジアの旗

  • カンボジア独自の煩雑な税務をサポート Vol.5

  • カンボジア進出企業の成功事例を増やすことを使命にカンボジアの旗

  • カンボジア独自の
    煩雑な税務をサポートカンボジアの旗ミャンマーの旗

  • カンボジア内に4拠点
    カンボジア人の海外旅行促進と
    自由な旅のスタイルを提供カンボジアの旗

  • タイプラスワンにおいて幅広くリーガルサービスを提供カンボジアの旗

  • 複数の日本人医師専門医による
    総合診療クリニックカンボジアの旗

  • カンボジア進出企業の成功事例を増やすことを使命にカンボジアの旗

新しい道路標識へと変更されるプノンペン市内【カンボジアニュース11月10日】 2015.11.10

プノンペン市政府は、2ヵ月間にわたり数百ある道路の標識を修正、追加するプロジェクトを開始した。

ノロドム通りから開始され、内務省の遥か南方まで作業は行われる予定だ。

プノンペン副知事のコン・スレン氏は、昨日「市役所はより高い利便性と旅行者へのサポートを目的とし現在の道路標識を修正するための計画をした」と述べた。

「私達が行動を起こさなければ、その理由を問われるだろう。また、私達が行動を起こしたとしても、彼らはまだ追及をやめないだろう」と付け加えた。このプロジェクトの必要性を問われた際、彼は作業に発生する費用についての説明をしなかった・

 

プロジェクトの費用について知らなかったと述べた、市役所の広報班のロン・ディマンチェ氏は、「第一段階は既存の代替を伴い、第二段階で追加の設置をしていく」と説明した。

さらに「適切でない情報を示したものや、破損がひどいものもいくつかある」と付け加えた。

標識作成設置会社CamDegのフン・リナは10月28日よりノロドム通りから標識の代替プロジェクトを開始すると述べた。現行の企画だと、12月までにシアヌーク通りやマセトン通りといった道路にある250の標識が修正されるだろうとも述べた。

「新しいポールは分厚く大きいクメールスタイルだ」とも述べている。夜間走行する際でもよく分かるよう反射材料と利用する予定だ。

 

【参照元】

https://www.cambodiadaily.com/news/phnom-penh-begins-upgrading-street-signs-99254/

C.L.M.LEADERSバナー (1)

 

unnamed (6)

 

コラムニストの過去の記事も読む