新規登録
コラムニスト募集中
JETRO
HOPEWILL
シャンハイリーダーズ
香港リーダーズ
人気ページランキング
  • 今週
  • 今月
  • 殿堂
  • ミャンマー税制の現状 Vol. 7

  • ミャンマー税制の現状 Vol. 11

  • ミャンマー税制の現状 Vol. 4

  • 農業事業に物流,金融,ITを複合させた「カンボジア版日本型農協」事業展開カンボジアの旗

  • ミャンマー税制の現状 Vol. 2

  • ミャンマー税制の現状 Vol. 7

  • ミャンマー税制の現状 Vol. 11

  • ミャンマー税制の現状 Vol. 2

  • アセアン諸国で培ったノウハウをカンボジアでも展開『人材派遣・人材紹介』カンボジアの旗

  • カンボジア進出企業の成功事例を増やすことを使命に Vol.10

  • カンボジア独自の
    煩雑な税務をサポートカンボジアの旗ミャンマーの旗

  • カンボジア内に4拠点
    カンボジア人の海外旅行促進と
    自由な旅のスタイルを提供カンボジアの旗

  • カンボジア進出企業の成功事例を増やすことを使命にカンボジアの旗

  • カンボジア独自の煩雑な税務をサポート Vol.2

  • カンボジア進出企業の成功事例を増やすことを使命にカンボジアの旗

中国系デベロッパーがカンボジア系財閥ロイヤルグループと$15億の覚書を結ぶ 【カンボジアニュース12月1日】 2015.12.03

 

カンボジア系財閥のロイヤルグループは昨日、カンボジアで不動産開発会社を設立するため$15億規模のMOUを中国系財閥のハーンフループと結んだ。

ハーングループは、主にロイヤルグループが所有する不動産開発と広大な空き候補物件の機会に着目しているとプレスリリース上で述べた。

ロイヤルグループ副社長兼取締役のキー・チェン氏は、中国不動産会社との提携と合弁不動産会社の設立の動きを歓迎した。

「彼らは中国で最も大きい会社の一つであり、政府も強くサポートしている」とチェン氏は述べました。 また、ハーングループは適切なタイミングでカンボジアへ進出しているとも付け加えた。

ハーングループ会長のユー・ソング氏はカンボジアへの投資について称賛した。 「私達がカンボジアとの提携を選んだ理由は、国家間が非常に良好な友好関係を保っており、シルクロードの中心にあるからだ」と述べた。 2大財閥の提携は建設から始まり物流や農業まで多岐にわたる分野での協力を示すものであるとも加えている。

「より多くのビジネス上の議論は投資を加速させ、カンボジアが必要している時に適切な投資をもたらすだろう」とソング氏は述べました。

カンボジアは中国の新しい投資先として早くも候補になっているとプレスリリース上で述べた・ これは、カンボジアの急速に発展している経済や若い労働力に起因していると説明した。

【参照元】

http://www.khmertimeskh.com/news/17986/chinese-developer-signs–1-5-billion-mou-with-royal-group/

 

C.L.M.LEADERSバナー (1)

 

unnamed (6)

コラムニストの過去の記事も読む