新規登録
コラムニスト募集中
JETRO
HOPEWILL
シャンハイリーダーズ
香港リーダーズ
人気ページランキング
  • 今週
  • 今月
  • 殿堂
  • カンボジア内に4拠点
    カンボジア人の海外旅行促進と
    自由な旅のスタイルを提供カンボジアの旗

  • アセアン諸国で培ったノウハウをカンボジアでも展開『人材派遣・人材紹介』カンボジアの旗

  • カンボジア進出企業の成功事例を増やすことを使命にカンボジアの旗

  • 複数の日本人医師専門医による総合診療クリニックVol.14

  • 東南アジア投資のラストリゾート カンボジア

  • アセアン諸国で培ったノウハウをカンボジアでも展開『人材派遣・人材紹介』カンボジアの旗

  • カンボジア進出企業の成功事例を増やすことを使命に Vol.10

  • ミャンマー税制の現状 Vol. 7

  • 複数の日本人医師専門医による
    総合診療クリニックカンボジアの旗

  • カンボジア進出企業の成功事例を増やすことを使命にカンボジアの旗

  • カンボジア独自の
    煩雑な税務をサポートカンボジアの旗ミャンマーの旗

  • カンボジア進出企業の成功事例を増やすことを使命にカンボジアの旗

  • カンボジア進出企業の成功事例を増やすことを使命にカンボジアの旗

  • カンボジア内に4拠点
    カンボジア人の海外旅行促進と
    自由な旅のスタイルを提供カンボジアの旗

  • カンボジア独自の煩雑な税務をサポート Vol.2

走り続ける産業【カンボジアニュース2月26日】 2016.02.25

2月17日、日産自動車はマレーシアのタンチョンモーターグループと協同で 小型乗用車「サニー」を生産することを発表した。 日系企業によるミャンマーでの自動車生産はスズキ株式会社についで2社目になる。

 

進行メコン地域では日本製の車両が人気を示しており、 特にカンボジアとミャンマーでは走行している半分以上の自動車が日本製のものを占めている。 しかし自動車の車両生産を行っている日系企業はミャンマーのスズキ株式会社しかない。

 

タイプラスワンの動きで自動車部品工場の進出が活発になっている中、 車両生産工場が出来ることでどのような経済効果を与えるか注目が高まる。

 

なお、ラオスでは2015年11月4日に 「車両の物品税の試験運用に関する国会常任委員会合意(No.0137)」が発布され、 3ヶ月の試行期間中はトラック・バスを除く自動車は排気量に基づく課税方式が取られており、 排気量の多いものだと最大で90%の物品税が取られる。

 

ラオス政府は試行結果を踏まえた上で、国家主席令として自動車物品税率の改正を発布する予定だ。 自動車の需要が高まり続ける中、各国の自動車産業に関する動向も注目していきたい。

 

 

■Hopewill(Cambodia) 山本 航 【C.L.M.LEADERS事務局】

 

C.L.M.LEADERSバナー (1)

 

unnamed (6)

コラムニストの過去の記事も読む