新規登録
コラムニスト募集中
JETRO
HOPEWILL
シャンハイリーダーズ
香港リーダーズ
人気ページランキング
  • 今週
  • 今月
  • 殿堂
  • 「プノンペンの交通事情」

  • ミャンマー税制の現状 Vol. 4

  • ミャンマー税制の現状 Vol. 7

  • ミャンマー税制の現状 Vol. 8

  • カンボジア独自の煩雑な税務をサポート Vol.9

  • カンボジア独自の煩雑な税務をサポート Vol.2

  • ミャンマー税制の現状 Vol. 4

  • アセアン諸国で培ったノウハウをカンボジアでも展開『人材派遣・人材紹介』カンボジアの旗

  • カンボジア独自の煩雑な税務をサポート Vol.5

  • カンボジア進出企業の成功事例を増やすことを使命にカンボジアの旗

  • カンボジア独自の
    煩雑な税務をサポートカンボジアの旗ミャンマーの旗

  • カンボジア内に4拠点
    カンボジア人の海外旅行促進と
    自由な旅のスタイルを提供カンボジアの旗

  • タイプラスワンにおいて幅広くリーガルサービスを提供カンボジアの旗

  • 複数の日本人医師専門医による
    総合診療クリニックカンボジアの旗

  • カンボジア進出企業の成功事例を増やすことを使命にカンボジアの旗

アウン・サン・スー・チー氏、戦略的撤退か【カンボジアニュース3月2日】 2016.03.02

ミャンマーの報道によると、国民民主連盟(NLD)は1日、アウン・サン・スー・チー氏を大統領に就任させる方針を断念した。ミャンマー国会は新大統領の選出手続きを17日から10日に変更すると発表した。早期に新政権を発足させ、年内に憲法改正することを急いだと見られる。

 

憲法では外国籍の家族を持つものは大統領就任を禁じられているため、息子が英国籍のスー・チー氏は就任資格がない。そのために、憲法を一時停止しスー・チー氏の大統領氏名を試みていた。

 

ミャンマーの次期大統領をめぐり、水面下での動きが活発化する一方で、アウン・サン・スー・チー氏が大統領になるために憲法の改正や一時凍結を行うことに、反対する集会が開かれ、最大都市ヤンゴンで開かれた集会には僧侶などおよそ200人が集まり、 「憲法改正や一時凍結は、軍との対立を引き起こし、政情が不安定になる」と訴えていた。

 

ダウェー経済特区などに日系企業の進出が盛んになっているミャンマー。法を直接的に取り扱う政府が今後どのような体制を整えていくのか目が離せない。

 

■Hopewill(Cambodia) 山本 航 【C.L.M.LEADERS事務局】

 

C.L.M.LEADERSバナー (1)

 

unnamed (6)

 

コラムニストの過去の記事も読む