新規登録
コラムニスト募集中
JETRO
HOPEWILL
シャンハイリーダーズ
香港リーダーズ
人気ページランキング
  • 今週
  • 今月
  • 殿堂
  • ミャンマー税制の現状 Vol. 4

  • アセアン諸国で培ったノウハウをカンボジアでも展開『人材派遣・人材紹介』カンボジアの旗

  • ミャンマー税制の現状 Vol. 7

  • ミャンマー税制の現状 Vol. 11

  • カンボジア進出企業の成功事例を増やすことを使命にカンボジアの旗

  • カンボジア進出企業の成功事例を増やすことを使命にカンボジアの旗

  • ミャンマー税制の現状 Vol. 7

  • ミャンマー税制の現状 Vol. 4

  • アセアン諸国で培ったノウハウをカンボジアでも展開『人材派遣・人材紹介』カンボジアの旗

  • ミャンマー税制の現状 Vol. 11

  • カンボジア独自の
    煩雑な税務をサポートカンボジアの旗ミャンマーの旗

  • カンボジア内に4拠点
    カンボジア人の海外旅行促進と
    自由な旅のスタイルを提供カンボジアの旗

  • カンボジア進出企業の成功事例を増やすことを使命にカンボジアの旗

  • カンボジア独自の煩雑な税務をサポート Vol.2

  • カンボジア進出企業の成功事例を増やすことを使命にカンボジアの旗

森林急減への措置【カンボジアニュース5月18日】 2016.05.18

ミャンマーは、1年間の期限付き伐採禁止については昨年後半から浮上していたが、ミャンマー木材公社の幹部が「9割方実施されると思う」との見解を示したと、現地紙ミャンマー・タイムズが報じた。

 

ミャンマーの公式統計でも、森林面積の国土比が1990年の58%から10年は47%に縮小したとあり、政府は危機感を強めているもようだ。

 

ミャンマーの木材は資源保護上ゆっくり且つしっかり成長したチークを選別しているので、品質の狂いが少なく寸法安定性・耐久性に優れていることから世界的にも人気が高い。

 

しかし、ミャンマーの木材輸出の約7割が密輸であり、違法伐採も後を絶たない状況だ。環境団体などが禁止を歓迎する一方、専門家からは禁止が密輸の増加につながるとの意見も上がっている。

 

まだ確定はしておらず、政府の思惑しだいで変わる可能性もある現状だが、外貨獲得の主要産業となる林業に対する動向に注目していきたい。

 

■Hopewill(Cambodia ) 山本 航 【C.L.M.LEADERS事務局】

 

 

C.L.M.LEADERSバナー (1)

 

unnamed (6)

コラムニストの過去の記事も読む