新規登録
コラムニスト募集中
JETRO
HOPEWILL
シャンハイリーダーズ
香港リーダーズ
人気ページランキング
  • 今週
  • 今月
  • 殿堂
  • ミャンマー税制の現状 Vol. 4

  • アセアン諸国で培ったノウハウをカンボジアでも展開『人材派遣・人材紹介』カンボジアの旗

  • ミャンマー税制の現状 Vol. 7

  • ミャンマー税制の現状 Vol. 11

  • カンボジア進出企業の成功事例を増やすことを使命にカンボジアの旗

  • カンボジア進出企業の成功事例を増やすことを使命にカンボジアの旗

  • ミャンマー税制の現状 Vol. 7

  • ミャンマー税制の現状 Vol. 4

  • アセアン諸国で培ったノウハウをカンボジアでも展開『人材派遣・人材紹介』カンボジアの旗

  • ミャンマー税制の現状 Vol. 11

  • カンボジア独自の
    煩雑な税務をサポートカンボジアの旗ミャンマーの旗

  • カンボジア内に4拠点
    カンボジア人の海外旅行促進と
    自由な旅のスタイルを提供カンボジアの旗

  • カンボジア進出企業の成功事例を増やすことを使命にカンボジアの旗

  • カンボジア独自の煩雑な税務をサポート Vol.2

  • カンボジア進出企業の成功事例を増やすことを使命にカンボジアの旗

日系工業ガス会社、ミャンマー・ティラワ工業団地内に新事業会社を設立へ【ミャンマーニュース9月1日】 2016.09.01

今週はじめ、産業ガス、LPガスやプラントエンジニアリング等の事業を展開する大陽日酸株式会社が、ミャンマー・ティラワ工業団地内に新事業会社を設立するとのプレスリリースが発表された。

 

プレスリリースによると、進出の背景として、高い経済成長が予想されている同国にて空気分離装置を建設、経済発展に比例して増加する工業ガス需要を他社に先駆けて取り込み、自社市場拡大を狙っているという。

 

同国には、製造業中心に日本からの投資が相次いでおり、産業ガスの需要も徐々に増加していくだろうと想定されている。

 

同社は既に、アメリカ・ヨーロッパ・アジア・オセアニア地域で事業を展開しており、アジア圏では、マーレーシア・インドネシア・フィリピン・シンガポール・タイ・韓国・ベトナム・中国・台湾に自社拠点を構えている。

 

また、首都近郊の産業ガス需要は2015年時点で約20億円。2030年を目安に10億円の売り上げをめざすとも報道されている。

 

参照元:

http://www.tn-sanso.co.jp/jp/_documents/news_93492627.pdf

 

 

C.L.M.LEADERSバナー (1)

 

unnamed (6)

 

コラムニストの過去の記事も読む