新規登録
コラムニスト募集中
JETRO
HOPEWILL
シャンハイリーダーズ
香港リーダーズ
人気ページランキング
  • 今週
  • 今月
  • 殿堂
  • カンボジア独自の煩雑な税務をサポート Vol.10

  • カンボジア進出企業の成功事例を増やすことを使命に Vol.10

  • 農業事業に物流,金融,ITを複合させた「カンボジア版日本型農協」事業展開カンボジアの旗

  • タイプラスワンにおいて幅広くリーガルサービスを提供カンボジアの旗

  • カンボジア進出企業の成功事例を増やすことを使命にカンボジアの旗

  • タイプラスワンにおいて幅広くリーガルサービスを提供カンボジアの旗

  • カンボジア独自の
    煩雑な税務をサポートカンボジアの旗ミャンマーの旗

  • ミャンマー税制の現状 Vol. 4

  • カンボジアで賃貸や投資物件の販売・管理を取り扱う Vol.1

  • カンボジア独自の
    煩雑な税務をサポートカンボジアの旗ミャンマーの旗

  • カンボジア内に4拠点
    カンボジア人の海外旅行促進と
    自由な旅のスタイルを提供カンボジアの旗

  • タイプラスワンにおいて幅広くリーガルサービスを提供カンボジアの旗

  • 複数の日本人医師専門医による
    総合診療クリニックカンボジアの旗

  • カンボジア進出企業の成功事例を増やすことを使命にカンボジアの旗

日系企業、ラオス南部パクセにて電動三輪車の試験走行実施【ラオスニュース10月26日】 2016.10.26

愛知県に本社を持つ株式会社プロッツァは今月中旬、電動三輪車の新型プロトタイプモデルを開発し、ラオス南部の都市パクセで走行試験を開始したと発表した。

 

現在、パクセ市民の足となっているトゥクトゥクやサムロー等の三輪ガソリン車に代わり、環境にやさしい「E-TukTuk」として普及していくことが、現地から期待されているという。

 

この新型の「E-TukTuk」の開発事業は、環境省による「途上国向け低炭素技術イノベーション創出事業」の補助金を受けて推進されており、同事業は電動三輪車の普及を通じてラオス国の二酸化炭素の削減を図っていくことを目的としてしているとのこと。

 

参照元:

http://prozza.com/news/201610141159

 

 

Phnom Penh Press Neo様 表紙広告10月号

 

コラムニストの過去の記事も読む