新規登録
インタビューに掲載ご希望の方
JETRO
HOPEWILL
シャンハイリーダーズ
香港リーダーズ
人気ページランキング
  • 今週
  • 今月
  • 殿堂
  • カンボジア独自の煩雑な税務をサポート Vol.10

  • カンボジア進出企業の成功事例を増やすことを使命に Vol.10

  • 農業事業に物流,金融,ITを複合させた「カンボジア版日本型農協」事業展開カンボジアの旗

  • タイプラスワンにおいて幅広くリーガルサービスを提供カンボジアの旗

  • カンボジア進出企業の成功事例を増やすことを使命にカンボジアの旗

  • タイプラスワンにおいて幅広くリーガルサービスを提供カンボジアの旗

  • カンボジア独自の
    煩雑な税務をサポートカンボジアの旗ミャンマーの旗

  • ミャンマー税制の現状 Vol. 4

  • カンボジアで賃貸や投資物件の販売・管理を取り扱う Vol.1

  • カンボジア独自の
    煩雑な税務をサポートカンボジアの旗ミャンマーの旗

  • カンボジア内に4拠点
    カンボジア人の海外旅行促進と
    自由な旅のスタイルを提供カンボジアの旗

  • タイプラスワンにおいて幅広くリーガルサービスを提供カンボジアの旗

  • 複数の日本人医師専門医による
    総合診療クリニックカンボジアの旗

  • カンボジア進出企業の成功事例を増やすことを使命にカンボジアの旗

商業・流通のリーダー 全てを見る

2016.03.16
  • 現地企業と共に成長するお土産店「アメージングカンボジア」カンボジアの旗
  • Blooming Life International Co.,Ltd. CEO
  • 温井 和佳奈
証券会社勤務を経て留学。ボストン大学国際関係学部卒業後、Webデザイン&マーケティング会社を設立。Webデザイナーやディレクターをまとめるプロデューサーを12年経験。当時、学生から社会人になった社員が入社7年目にWebデザイナーとしてグランプリを受賞。その経験から素人に近い人でもグランプリをとれるレベルになると確信した経験から2009年にカンボジア訪問をした際に、グラフィックデザイナーが不足している現状をみて2010年ドリーム・ガールズ・プロジェクト発足、試行錯誤しながらデザイナー育成やデザインを通じたビジネスができる女性リーダー達の育成を目指す。
  • カンボジアのお土産「AMAZING CAMBODIA」1F,ノジマ電気側、リバーサイド入口エスカレーター上がってすぐ右
  • 住所 / First Floor,#132, Street Sothearos, Sangkat Tonle Bassac Khan Chamkarmon, Phnom Penh
  • TEL / +855(0)99 439 879 (Khmer, English) / +855(0)78 589 551(Japanese)    
  • URL / amazing-cambodia.com

会員登録を行いますとリーダーへお問い合わせできます。

C.L.M.LEADERSバナー (1)

 

unnamed (6)

 

〜夢は「カンボジア女性のビジネスリーダー育成」〜

 

【ドリーム・ガールズ・プロジェクト発足】

 

♦プノンペンのお土産No.1を目指す「アメージング・カンボジア」
今は上質なカンボジア産のお土産を扱う便利なセレクトショップとして認知されるようになったが、2014年6月イオンモールグランドオープンに14万人もの人が来たにもかかわらず、自分達のお店には1人もお客さんが入らないという衝撃的なスタートだった。そこから、ひとつひとつ地味な作業を積み上げ、また多くのカンボジア産の商品には感動のストーリーがあることを知り、2015年10月に店名をWakaNa Shopから「AMAZING CAMBODIA」へと改名。コンセプトはProud of Cambodia, Cambodia to the World。カンボジア女性が描いたアンコールワットやアプサラなどの伝統をモダンにデザインしたものをラベルに採用、目の肥えた日本人客からのフィードバックによる改善と販売促進を行い、現地のカンボジア企業と共に成長していくお店となった。

しかし、コンテストのためにデザインの募集をしたところ、当初は全く応募がなかった。コンテストの日取りも近づき、カンボジアでのデザインコンテストはまだタイミングが早かったかとも思ったが、〆切間近になって200を超える作品が送られてきた。その後、締め切りを過ぎても作品は届き、最終的には280作品が集まった。

 

作品の中には応募者からの手紙も混ざっており、「カンボジアの女性のために、ありがとう」、「女性の職業の選択肢を広げてくれて感謝している」、「私の将来の夢はデザイナーです」といった内容であった。この手紙に感銘を受け大きな一生忘れないような舞台創りたいと思うようになった。

 

「会員登録」をして、続きをご覧ください。

合わせて読みたい